So-net無料ブログ作成
布団乾燥・除湿シート ブログトップ

布団、靴、衣類も乾燥、スリムで収納に便利な布団乾燥機! 山善(YAMAZEN) 布団乾燥機 ZF-T500 [布団乾燥・除湿シート]



どこがスゴイ?
・本体が比較的薄くて、コンパクト!
・靴の乾燥、洗濯物も乾燥きでる!

コンパクトで収納に便利!布団や靴、洗濯物も乾燥!ベットの方が使いやすい 布団乾燥機
父が、ゴルフコンペのブービー賞(下から2番目)で貰ったナショナルの布団乾燥機が、とうとう壊れてしまい、しょっちゅう使うわけではないけど、ないと困るということで、布団乾燥機を買いました。

ブービー賞で貰ったくらいの布団乾燥機なため、見た目が安そうでも、20年以上も使えたので、仕組みが単純そうだから低価格でも大丈夫じゃなかなと。出しても、5000円台に決めました。

そこで、『TESCOM ふとん乾燥機 TFD96-W ホワイト』、『山善(YAMAZEN) 布団乾燥機 ZF-T500』、『アイリスオーヤマ ふとん乾燥機 ホワイト FTK-270』、『Panasonic ふとん乾燥機 ブルー FD-F06A7-A』など。

『TESCOM ふとん乾燥機 TFD96』(マット幅 80cm x 170cm)、『山善 布団乾燥機 ZF-T500』(80cm x 180cm)、『アイリスオーヤマ ふとん乾燥機 FTK-270』(73cmx165cm)は、低価格で、どちらも布団も靴も乾燥できるもの。

『Panasonic ふとん乾燥機 ブルー FD-F06A7-A』(117cm x 180cm)は540W、布団、靴も乾燥もできる。エアマットが大きめで、全体をしっかり乾燥させたいという方には便利。

冬に、布団を温めるために、布団乾燥機を使う人もいるけど、専用の布団温め機もあって、『布団温風機 ぬくぬく レッド・HFB-250R』とか、『ふとん暖房機 コハル HFB−250W 』なんだけど。足元の布団温めたり、マットも小さめ。

これは、布団乾燥機に比べて、すごく小さくて、靴を乾かすためのノズルも付いてたり。布団乾燥機は、大きくて邪魔、でも、布団を温めて寝たいとか、手軽に靴を乾かしたい方には、役に立ちそう。

布団乾燥機を使い洗濯物を乾燥させるものに、『ドライハウス』という製品があり、あったら何かと便利かなと思っていたところで、衣類も乾燥できるという 『山善 布団乾燥機 ZF-T500』が気になり注文。翌日には、届きました。

使った感想は、思ったよりもスリムでコンパクト、例えるなら、2リットルペットボトルを二つ並べたくらいの大きさ。このコンパクトな本体に、ホース、エアマットが入るのはスゴイです。操作は簡単で、ダイヤルを回すだけ。冬コースだと温風のみ、夏コースは温風と最後は送風、送風で冷やすということに。

ちょっと気になったのが、温風を送るホース。エアマットの横にホースをつなげ、温風を送るのですが、本体を立てた上体で、上から下にホースを下げてエアマットをふくらませるため、一見、ホースが長そうにみえますが、そうでもないです。

ベットなどのように、ちょっと上にある布団を温めるなら、本体の上にホースがあるのは便利なのですが、布団となるとちょっと短く感じます。以前に使っていた布団乾燥機が、下にホースをつなげるタイプだったため、余計にそう感じるのかもしれません。そう考えると、縦置きも横置きもできる HITACHIの『アッとドライ』は、どちらにも使えて便利そうです。

洗濯物の乾燥については、折りたたんだり、閉じた傘を開くような物干しがありますが、長方形のものとか、折りたたまない小型のものならいいのですが、開くタイプで円形のものは大きすぎて、どうやっても開いたエアマットで覆えませんでした。どうしても、洗濯物を乾かしたいというときには、役に立ちそうです。

布団乾燥機で、本気で乾かすなら、『ドライハウス』などを利用した方が良さそうです。

こんな方にオススメ
・コンパクトな布団乾燥機が欲しい方
・ちょっとした濡れた衣類も乾かしたい方

001.jpg

※本体の吸気口は塞がらないようにはなっていますが、寝かせて使わないでくださいと説明書には書いてあります。

   


nice!(132) 
共通テーマ:ショッピング

湿った布団をサラサラ乾燥!実は丸めて干せる便利な布団用除湿シート ドライペット 備長炭 ふとん快適シート2枚 [布団乾燥・除湿シート]



どこがスゴイ?
・値段も安くて、1年で使い捨て♪
・他社製に比べて、除湿シートが薄くて乾燥させやすい!
・住宅向け調湿剤、吸水量は360ml!

寝心地にも関係する布団の湿気、ドライペット ふとん快適シートのいろいろ!
人は寝てると、夏の暑い時期以外に汗をかいてて、どうしても、ふとんが湿っぽくなるけど。その湿気が原因で、寝心地が悪かったり、布団と床が接するところに溜まる湿気でカビが生えたり、湿気を好むダニの繁殖を促したり。

布団を乾燥させる方法は、天日で干したり、布団乾燥機を使ったりだけど、毎日やるのは大変。気軽に湿気を取る物はないかしらと思って調べてたら、、ふとんの湿気を吸い取る除湿シートがあって。

エステーの『ドライペット ふとん快適シート 2枚』は、2枚で1つの布団を除湿して、住宅向けに使用する調湿剤 B型シリカゲルが使われてて、1年間で使い捨てというもの。

仕組みは、お菓子などに入ってる乾燥剤の布団版のようなものなんだけど。使用しているシリカゲルの種類が違ってて、お菓子などはA型、この除湿シートはB型。

湿度が低くても、とにかく湿気を吸収するものがA型で、湿度が高いと湿気を吸収そて、逆に湿度が低いと水分を放出するのがB型です。B型シリカゲルは、住宅内の調湿剤として使われてるとか。

このB型シリカゲルの特徴を利用して、布団の湿気を取るんだけど。湿気が溜まったら、マークが赤くなって、そしたら、天日に干して乾燥させて、また使えて、それを繰り返して、1年使えるというもの。

他のメーカーの除湿シートに比べ、すごく薄くて、シンプルなんだけど。その分、コンパクトで扱いやすさもあるから、使いやすくて。このシートを丸めた状態で日差しが強いところに置いても、ちゃんと中まで乾燥するし。

他のメーカーの除湿シートだと、厚さがあるものもあって、布団のように干す必要があったりするけど。この除湿シートは、小さくたたんだ状態でも、日当たりがいい所に置いとくと乾燥するから、場所も取らなくて、便利。

同じエステーから 『ドライペット 除湿剤 ふとん快適シート くりかえし再生タイプ 1シート入』もあって、大きめだけど、薄くて同じようなものだから、これも、使いやすそう。

肝心のどのくらい乾燥するかなんだけど、湿気が多い夏場は、布団がサラサラするから分かりやすくて、布団を上げたときの湿気具合が全然違うから、効果は実感できて。

除湿シートを敷いたときの寝心地は、布団の下に何か敷いてるのは分かるけど、寝心地が悪いと感じるほどでもなくて、布団の固さによっては、気になる人もいるかも。

こんな方にオススメ
・布団の湿気が気になる方
・布団の下にできるカビをどうにかしたい方
・布団を干す場所がない方
・手軽に布団を乾燥させたい方

※布団の他に、普通の乾燥剤のように、収納スペースの下に敷いても除湿できて、いろんな使い方ができそうです。

 


nice!(86) 
共通テーマ:ショッピング
布団乾燥・除湿シート ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。