So-net無料ブログ作成

全然ダメと思ったら、コツを掴むとお店のような千切りが簡単に♪ コンパクトで片付けも便利な ののじ キャベツピーラー ふかふかキャベツ千切りピーラー CBP-01 [キッチングッズ 包丁・深めのフライパン 他]



どこがスゴイ?
・包丁を使わなくても、簡単に作れる
・お店みたいな、細くてふんわりした千切り
・ちょっとコツが必要かも
・キャベツが美味しく食べられて
・キャベツの他、タマネギの千切りにも
・刃に付けるカバーも

フライパンから、今度は、キャベツの千切りも ののじ キャベツピーラー CBP-01
母が、以前、野菜をスライスするために買ったのが、『貝印 SELECT 100 調理器セット DH-3027』。これが、大根おろおしもできるし、いろんなスライサーもあって、いいと思うけど。もっと簡単にできそうということで、『キャベツを千切りするピーラー』が欲しいと言われて。

以前、ここで書いた 深さがあるフライパン 『フッカブッカⅡ』と同じで、これも、2015年2月1日に放送されてた、『坂上忍の成長マン!!』の影響。番組では、『復刻版プロピーラー』を紹介してたんだけど、商品名はメモできなかったみたい。

週末に、兄が返って来ることが多いから、実家では揚げ物が多くて。そのとき、キャベツの千切りもよくやるんだけど、包丁が得意じゃない母は、キャベツの千切りも、ザクザクな感じ。

すりおろし器のようなスライサーを使えばと思うんだけど、それを出すのが面倒みたいで、力がないから、平らな面にキャベツを押してスライスするというのも大変とか。いろんなタイプのスラーサーがあって、片付けるときに、それを上手くまとまらないとか。

それなら、皮むき器のような使い方で、キャベツの千切りができると、母にとっては、これ以上、簡単なものはないし。大きいものじゃないから、片付けも簡単そう。

それで、千切りするキャベツピーラーを探してたら、番組で紹介してた『復刻版プロピーラー』よりも、アマゾンでは、『ののじ キャベツピーラー CBP-01』が断然人気があって。価格も半分だし、早速、注文。

翌日には、届いて、下の写真が、『ののじ キャベツピーラー CBP-01』。使い方は、キャベツを半分に切って、あとは、キャベツピーラーで切った面に刃を滑らせるだけ。これで、細くてふわふわのキャベツの千切りができるというもの。

母が、使ってみたら、キャベツが周りに飛び散って、ボールを下に置いても、それをはみ出して、飛んで行くぐらい。切ったキャベツは、細かいけど、あまり長さがない感じ。思ってたのと違ったみたいで、テレビと違って、全然、ダメと言い出して。

捨てられそうだったから、私が持ち帰って、使ってみたら。私も、キャベツが、散らばって、そういうものかしらと思って。でも、包丁で切るよりは細いし、ホントにお店の千切りみたいだから、まあまあという感じ。

でも、何度か使ってるうちに、コツが掴めてきて。軽く持つけど、ぐらぐらしないようにして動かすと、そんなに派手に飛ばなくて、やり方次第みたい。それが、上手く行かないときは、キャベツピーラーを動かさずに、キャベツを動かすと、変な散らばりも少なく、千切りができて。

キャベツをスライスするときに、力のかかる方向がズレてると、切れ難い葉もあって、それでも、周りに散らばってしまうみたい。

板状のおろし器に比べると、キャベツピーラーの方が扱いやすいところもあって、手首を動かすだけでキャベツの千切りができるから、キャベツを動かすのに比べると手間は無くて良さそう。

このキャベツピーラーの刃は、切れ味はいいけど、キャベツがシャキッとしてるとやりやすいけど、ちょっと葉が開いた感じで、柔らかさがあると、上手くできないかも。

キャベツの他に使えそうなものだと、説明書にも書いてるタマネギのスライスとか、皮剥きとしても使えるけど。大根を使ってみたら、薄くV字になってたから、ジャガイモをスライスして、手作りのポテトチップで、表面がV字なのができそう。

こんな方にオススメ
・キャベツの千切りが好きな方
・薄くふわふわが一番という方
・包丁で切るのは面倒という方

cp01.jpg cp02.jpg

  


nice!(295) 
共通テーマ:ショッピング

nice! 295

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。